世界一過酷過ぎる仕事、それでも募集者が殺到する理由
83%Overall Score
Reader Rating: (0 Votes)
0%

きつい仕事といえばあなたは何を浮かべますか?

番組制作、土木、警備など色々思い浮かぶと思います。

ですが、世界一過酷な仕事はこんなものではありません。

実は誰もが知ってるこの仕事でした。

 

過酷な仕事内容とは?

 

ネットと新聞で人材募集がされました

hardest-job

テレビ電話で面接が行われました

hardest-job

仕事の内容とは、現場総監督でした

hardest-job

役職内容が抽象的すぎてよくわかりませんが、面接は続きます。

詳しい内容が面接官から説明されていきます。

ほぼ立ち仕事、辛すぎます。

hardest-job

まだまだ過酷な仕事の条件が説明されます。

勤務時間長すぎ。。。。辛い。

hardest-job

休憩時間がないとは、どういうことですか。。。

hardest-job

この時点でブラック企業認定です。

スキルも求められます

hardest-job

アカデミックな部分も必要

hardest-job

祝日も休みなしで働くらしいです。

hardest-job

こんだけ働くのだから、さぞかし給料はいいはず!!

なんとこの過酷過ぎる仕事の給料は…

0円でーす。無給で働いてもらいます。

hardest-job

どういうことでしょうか。誰も働く人いませんよ。。。

笑うしかないです

hardest-job

まさに人間はありえない瞬間に直面すると笑うしかありません。

一体こんな仕事をしてる人なんているの??

えー、数十億人ほどいます。

hardest-job

?????????

だ、誰ですか。。。

世界中で募集が殺到するその仕事とは?

本編動画はこちら

あなたはどっち?

感動の毎日をあなたへお届け!